球技に必要な走る力

ここでは、実戦でスピードを高めるにはどうすれば良いのか?敵を置き去りにし、ゲームを支配出来る球技に必要な走る力について解説しています。

球技に必要な走る力記事一覧

球技などのスポーツ全般においてフィジカルの強化は重要ですね。野球、サッカー、ラグビー、テニスなどの屋外の球技はもちろんのこと、屋内で行わられるバスケットボール、ハンドボール、卓球、バトミントンなど全てのスポーツにおいて、走ることは常に必要であり、素早く動けるスピードは絶対不可欠なものです。ですが、最近の指導は、勝つことを最優先するあまり、チームの戦術やテクニックばかりに目が向いてしまい、重要な「速...

サッカーなどの必要な走りとはどのようなものでしょうか?もちろん、それぞれのスポーツによって多少の違いはありますが、今の持てるベストのスピードを如何に短時間で出せるかです。そして、今でもサッカーで語りぐさになっているのが、1986年度ワールドカップ アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナーが見せた5人抜きです。まずは、マラドーナのドリブルの凄さをご覧ください↓↓。マラドーナ走りは、トップスピードのボ...

走るスピードは基本的には、どの球技においてもが遅くて良いというものはありませんね。ラグビー日本代表トライ集 ↓↓スピードと言っても、陸上の短距離走での最高速のことではなく、ボールを持っての瞬時の加速する力だったり、スピード減速したりと制御する力を兼ね備えた速さが球技では必要です。中でも、ラグビーなど相手との接触などのコンタクトプレーが多いスポーツでは、スピード(速さ)はもとより、相手に当たり負けし...

バスケットボールに必要な走り方はどのようなものでしょうか?基本的にはどんな球技でも遅くていいということはありえませんね。球技(競技)によって多少違いはありますが、走りでは自分の持てる最大限のスピードを、如何に短時間で出せるかで大きく違ってきます。そんなバスケットボールに必要な走り方はこの人はをおいて語れません。↓↓バスケットボールは、攻撃と守備が入れ替わる球技で、そういう意味ではサッカーと走り方は...

野球選手に求められる走り方はどのようなものでしょうか?ベース間を走る能力、それとも守りでのボールに追いつくスピードでしょうか。そして、今や大リーグでもスパースターでもある、走攻守においての全盛期のイチロー選手の野球での走り方は群を抜いています。↓↓イチロー選手のプレーを見ても分かりますが、打球の方向を一瞬で見極め打球に対する反応が凄く速く、一気にトップギアに入れて、加速が速いことが分かりますね。通...

あらゆる運動は、筋肉が縮むことで行われていますね。そして、球技に求められている必要な走りというのは、短い距離をいかに素早く走るかであり、そこには急加速や減速、方向転換も必要になってきます。つまり、球技はスピードコントロールが求められているということになり、これを筋肉から考えるとボールを使う球技では、速筋の勝負と言えます。そもそも筋肉は、いくつもの細い筋繊維が束になって出来ていますが、どれも同じ速さ...

球技には様々な状況に応じた走り方が必要ですね。前だけでなく、バックステップから加速力を習得することも大切です。例えば、バスケットボールでは、ディフェンスで相手が縦に抜ける動きを追う時や、サッカーでの守りでの下がった後に引いた相手を追い掛ける時、更にはバトミントンなど、バックステップからの動き出しも様々な球技で見られます。バック走法では、後ろ向きに5m程度後ろ向きに走り、バックステップしてから再度前...

ハンドボールでは、走り込み練習は欠かせないと思います。中でもダッシュ力は大事ですね。そもそもハンドボールでは、3歩しか歩くことができませんから、その3歩のうちでトップスピードにならないといけないからです。それには瞬発力を鍛えることが大切になることから、3歩ダッシュを日々の練習メニューに取り入れるといと思います。もちろん、長い距離を走ることも必要ですが、瞬発力を武器にできれば、それだけディフェンダー...

サッカーやバスケットボールなどの球技では、スタートダッシュを早くしたり、相手よりも短い距離を走ることで相手を振り切る、もしくはついていくことが出来ます。実際のサッカーなどのプレー中は、どこに、いつ走ってボールを受けるかは攻撃する方の自由ですからね。一方、守りはその動きに反応して相手に先に走り込ませないようにコースを抑えたり、スペースをなくしたり、先にボールに触れようとします。ですが、オフェンスの選...